CONTENTS
新着情報

◎2017/8/27

ペットを飼うときの注意点
の情報を更新しました。

◎2017/3/27

高級賃貸の魅力
の情報を更新しました。

twitter

「賃貸 ペット」
に関連するツイート
Twitter

高級賃貸マンションでペットを飼うときの注意点!

高級賃貸マンションでペットを飼うときの注意点!
高級賃貸マンションでペットを飼う時の注意点は、2つあります。
まずは、ご近所とのトラブル回避です。
高級賃貸マンションでペットを飼うということは、契約書にペット可と記されていることがまずは大切です。
それが記載されていないのに飼育していると契約違反で退出命令が出される可能性もあるからです。
そして、小動物や音を立てない動物なら問題はありませんが、大型犬などを飼育する場合、しつけをしっかりとすることが大切です。
しつけ教室などに通わせれば犬は賢い動物なので、きちんとルールを覚えますが、それをしておかないと散歩の際に共用スペースですれ違ったご近所の方に吠え掛かったり、飛びついたりして怪我を負わせてしまう可能性があるからです。
この場合大事になると訴訟問題やそれこそ退出しなければならなくなる場合もありますので、しっかりとしつけをしておくと安心です。
さらに、部屋の内装を傷つけないかどうかも大切なポイントです。
飼育可の場合、傷のつきにくい壁紙などを使用していることが多いですが、柱などをかじって削ってしまったりすると退出の時に多額のお金を請求されるケースもありますので注意が必要です。

高級賃貸マンションで飼えるペットと飼えないペット

高級賃貸マンションでは飼えるペットと飼えないペットがいます。
まずは、その賃貸マンションでペットが飼えるのか飼えないのかを契約書を見て確認する事が大切です。
高級賃貸マンションの場合、退出する時に借り手が付けた傷や痕の原因によっては高額なお金を支払わなければならない場合もあるので注意が必要です。
熱帯魚やハムスター、モルモットやフェレット、ウサギなどの小動物はケージでの管理が簡単ですので大丈夫でしょう。
猫や犬の場合もペット可のマンションの場合、壁紙に傷がつきにくい物を使用していることがありますので、契約書に犬猫も可とあれば問題ありません。
ただし、大型のネコ科の動物の中には飼うのに鉄製の檻や許可書が必要になるものもいますので、その旨しっかり調べてからにしましょう。
また、家具や壁紙などを傷つけないとしても、爬虫類の中にも届け出が必要になり鍵のかかるケージが必須の動物もいますので、それらを飼育したい場合には許可書と、管理会社への説明や許可が必要になります。
のちのちのトラブル回避のためにも、管理会社とはしっかり意思疎通しておくと安心です。